トップページ 所員紹介 相談の流れ・料金 お問い合わせ 事務所案内 よくある質問
成年後見制度(保佐類型) 申立後の流れ
成年後見制度(補助類型) 申立後の流れ
申立後の流れ

家庭裁判所に補助開始の審判の申し立て(および同意権付与の審判の申立てや代理権付与の審判の申立て)を行った後の手続きは、後見開始の審判の申立ての場合とほぼ同じです。詳しくは成年後見制度の利用の仕方(後見類型)の申立後の流れのページを参照してください。

ここは注意!~医師による本人の判断能力の鑑定~
 補助類型においては、本人の申立てまたは本人の同意を要件としており、しかも、本人の行為能力が制限される範囲も後見や保佐の場合と比べてそれほど広範ではありません。利用者の利便性も考えて、後見や保佐ほど厳格な手続きによらずに審理を進めることが望ましいので、原則として鑑定は行われておりません。





    成年後見制度(補助類型) 補助人の権限    成年後見制度(補助類型) 補助人の仕事


© 2008 kanayama judicial Scrivener office All Right Reserved