トップページ 所員紹介 相談の流れ・料金 お問い合わせ 事務所案内 よくある質問
成年後見制度(後見類型) 保佐人の仕事
成年後見制度(後見類型) 保佐人の仕事
保佐人の仕事

保佐人の業務は、主に被保佐人の財産管理身上看護です。詳しくは後見人の仕事のページを参照してください。
後見人との違い
「財産管理」
被保佐人は保佐人の同意を得る必要がある法律行為以外は、基本的に単独で有効に法律行為を行うことができます。ただし、代理権付与の審判をしたときは、それに付随する財産管理権が生じます。

「身上看護」
被保佐人は被後見人と比べて、ある程度自分の意思を表現できます。保佐人は本人の意思を尊重して、本人の心身の状態及び生活の状況に配慮した身上看護の計画を立てることが必要です。

保佐申し立てに関するアドバイスはこちら↓
金山事務所からのアドバイス~保佐の申立ては計画的に~



















金山国際司法書士事務所からのアドバイス
金山事務所からのアドバイス~保佐の申立ては計画的に~
保佐の定義は難しく、日常的な買い物などは自分でできるが、重要な財産行為は自分一人ではできないといった判断は、一般的にはなかなか困難です。初期の認知症を患っている方で、医師の判断で保佐相当とされるケースもあります。
また、保佐の制度では、ある特定の行為については保佐人に代理権を与えることもできます。

「本人は現在どのような状況なのか?」
「本人はどこまでの援助を欲しているのか?」
「今後本人の健康状態はどの程度悪化したり、快方に向かったりする見込みか?」

 これらの状況を総合的に判断し、より本人のためになる手続きをするには、やはり専門家からの視点でアドバイスを受けることをお勧めします。

金山事務所でお手伝いできること~保佐開始を考えておられる方へ~
金山事務所では、保佐の制度を利用されている方に対し、本人の現状を十分に聞き取ったうえで、保佐開始となった場合のシミュレーションを行います。
専門家の観点から、今後想定される法律的な問題についてもアドバイスいたします。
また、本人の近くに保佐人となって支援をしてくれる適当な方がいらっしゃらない場合は、当事務所の司法書士が保佐人の候補者として就任を検討することもできます。
後見手続きの場合より、更にきめ細かい判断が要求されますので、ぜひ当事務所にご相談ください。

ページ上部へ戻る



    成年後見制度(保佐類型) 申立後の流れ    成年後見制度(補助類型) 補助開始の審判の申立て


© 2008 kanayama judicial Scrivener office All Right Reserved