トップページ 所員紹介 相談の流れ・料金 お問い合わせ 事務所案内 よくある質問
成年後見制度(後見類型) 必要な書類と費用
成年後見制度(後見類型) 必要な書類と費用
申立てに必要な書類と費用

申立てに必要な書類と費用のチェック表①
1 申立書類及び費用など








申立書
申立書付票


家庭裁判所に定型用紙があります。
後見終了成年後見制度の利用の仕方(保佐類型) 保佐開始の審判の申立てのページの記載例をご参照ください。






収入印紙800円分


保佐又は補助開始における同意権および代理権付与の申立てについては、それぞれ追加の収入印紙800円分が必要です。




収入印紙2,600円分
(後見登記用)
お近くの郵便局にお訪ねください。







郵便切手3,380円分
保佐、補助の場合4,420円

500円×4枚、80円×15枚、20円×4枚、10円×10枚、保佐、補助申立ての場合、500円×2枚、20円×2枚、を追加してください。






鑑定費用10万円


鑑定に伴う医師への報酬です
申立後の振込みでもかまいません
※補助開始では事前納付の必要はありません

2 申立人についての書類 ※申立人が候補者となる場合は、4の種類も必要です。
戸籍謄本
本籍地の役場で発行。郵便取寄せもできます。

3 本人(判断能力が不十分な人)についての書類








戸籍謄本



取り寄せ先は⑥と同じ。申立人と本人の関係が夫婦・親子・きょうだいの場合、申立人と本人の関係(四親等以内の親族)がわかる改製原戸籍、除籍謄本も必要です。




住民票
(戸籍附票でも可)
住民票は住民登録先の市区町村役場で発行。本籍地役場で発行される戸籍附票でも代用可






登記されていないことの証明書

最寄りの法務局又は地方法務局(法務局の支局、出張局では取り扱っていない)。『アドバイス~後見制度の申立て~Q:後見人には…』のページ参照。




診断書(成年後見用)

医師に作成してもらう。定型診断書用紙は家庭裁判所で配布。








本人所有財産の目録



家庭裁判所に定型用紙があります。
成年後見制度の利用の仕方(保佐類型) 申立てができる人申立の内容申立後の流れのページの記載例をご参照ください。
財産についての資料 チェック表②をご参照ください。

4 成年後見人や保佐人、補助人の候補者についての書類
戸籍謄本
⑥と同じになる場合は1通でかまいません。
住民票
(戸籍附票でも可)
⑧と同じ

身分(身元)証明書

破産宣告などを受けていないことの証明です。
本籍地の市区町村にて発行。










候補者質問票




家庭裁判所に定型用紙があります。
成年後見制度の利用の仕方(保佐類型) 保佐人の仕事アドバイス成年後見制度の利用の仕方(補助類型) 補助開始の審判の申立てのページをご参照ください。

※ 本人が知的障害者の方で療育手帳をお持ちの場合は、次の書類も提出ください。
療育手帳の写し
身体障害の手帳ではなく、知的障害の手帳です。

※ 任意後見監督人選任を申し立てる場合には、次の書類も準備してください。
任意後見契約書の写し
公証人に作成してもらいます。




任意後見の登記事項証明書
⑨と同じ




申立てに必要な書類と費用のチェック表②

※ 本人の財産内容を証明する資料として、下記の書類を提出してください。書類申請の手続きや手数料は、それぞれの発行機関にお問い合わせください。

1 不動産に関する資料
不動産登記簿謄本
物件所在地の法務局で発行。

2 預貯金に関する資料






預金通帳の写し


預金通帳を持っている人。事前に最新の残高等を記帳して、表紙とその裏側及び記帳されている全ページをコピーする。
残高証明書
通帳がない場合。預金口座のある銀行で発行。

3 有価証券(株券・国債・手形など)に関する資料
取引残高報告書
取引先の証券会社で発行。
証券の写し
証券を持っている人。表裏両面コピーする。

4 生命保険等に関する資料
保険証書の写し
証書を持っている人。表裏両面をコピーする。

5 負債に関する資料
ローン契約書又は借用書
本人(債務者)又は銀行、公社などの債権者。
支払明細書
銀行、公社などの債権者で発行。

6 収入内容を証明する資料
給与明細書
本人又は勤務先の会社等。
年金証書の写し
証書をもっている人
年金改定の通知書
住民登録先の市区町村を管轄する社会保険事務所。


年金の振り込み口座の通帳
通帳をもっている人

7 支出内容を証明する資料




施設利用料、入院費等の領収書
本人の入院している施設又は病院。

健康保険料納付書
本人が所持している場合はコピーする。
介護保険納付書
固定資産税納付書
地代、家賃などの領収書
家主などの貸し主又は管理会社など。






    成年後見制度(後見類型) 申立ての流れ    成年後見制度(後見類型) 申立て後の流れ


© 2008 kanayama judicial Scrivener office All Right Reserved