トップページ 所員紹介 相談の流れ・料金 お問い合わせ 事務所案内 よくある質問
成年後見制度の基本理念と趣旨
成年後見制度の基本理念と趣旨
成年後見制度の基本理念と趣旨

①自己決定(自律)の尊重

②残存(現有)能力の活用

③ノーマライゼーション(高齢者や障害者であっても特別扱いをしないで、今までと同じような生活をさせようとする考え方。)

 成年後見制度は、認知症や知的障害、精神障害などで判断能力が不十分な成人を対象としますが、たとえ判断能力が不十分であっても、その人の持てる力を引き出して存分に活かし、その人自身がどのような生活をしたいのかをよく聴いて意思を尊重し、その人が望む暮らしの実現を図ることを基本理念としています。

 他にも成年後見制度は「本人の保護」の理念を持ちます。本人の保護を優先して後見人ががんじがらめにしてしまえば、それは権利保護どころか権利侵害にもなりかねません。しかし必要な保護がなされなければ、本人が望む暮らしの実現も図れません。
 3つの基本理念に加えて、「本人の保護」の理念を調和させることを趣旨としています。





    成年後見制度とは    成年後見制度の種類


© 2008 kanayama judicial Scrivener office All Right Reserved