トップページ 所員紹介 相談の流れ・料金 お問い合わせ 事務所案内 よくある質問
成年後見制度の種類
成年後見制度の種類
成年後見制度の種類

成年後見制度には、法定後見制度任意後見制度の2種類があります。

法定後見制度
 法定後見制度とは、既に判断能力が衰えている方のために、家庭裁判所が適切な支援者(後見人)を選任する制度です。

 本人の判断能力の程度に応じて、後見人のタイプは3つに分かれます。

後見  ほとんど判断できない状態。日常的な買い物も一人ではできない。
       → 成年後見制度の利用の仕方(後見類型)

保佐  判断能力が著しく不十分な状態。日常的な買い物程度は一人で行えるが、不動産や高額
       な金銭についての契約は一人では行えない。
       → 成年後見制度の利用の仕方(保佐類型)

補助  判断能力が不十分な状態。本人についての契約手続きは一人で行えるが、不安があるとき
       など。
       → 成年後見制度の利用の仕方(補助類型

判断能力の識別フローチャートはこちら → 判断能力の識別フローチャート

任意後見制度
 → 任意後見制度の趣旨
 → 任意後見契約





    成年後見制度の基本理念と趣旨    成年後見制度(後見類型) 申立て


© 2008 kanayama judicial Scrivener office All Right Reserved